溶接工はどんな仕事?仕事内容やどんなのことがキツイのか

溶接工を目指す前に

溶接工のお仕事は重厚なマスクを着けて専門的な道具を使い火花が散り何となく危ない、というイメージを持っている人もいるかもしれません。

溶接工は目の前で火花が散るような危険な仕事をしていますが、仕事の種類は一つだけではありません。

ここでは、溶接工の仕事内容や給料、どんなことがキツイのかなどを見ていきます。

溶接工の仕事内容は?

溶接工

溶接工の基本的な仕事内容は溶接なので目の前で火花が散るような仕事をしています。

溶接というのは材料を加熱あるいは加圧することで、2つの材料を接合する技術のことを言いそれを仕事としている人のことを溶接工と呼びます。

溶接は3つに分けることができます。

  • 融接
  • 圧接
  • ろう接

融接とは?

融接とは材料を熱して溶かした後にそれらを接合させ、接合させた部分を冷やして固める方法です。

溶接の中でも特に知名度が高いと言われるアーク溶接も、融接の一つであり材料を溶かすのに必要となるのが放電現象です。

アーク溶接では放電によって強力な光が発生するので、大きく頑丈なマスクを装着しなければならないです。

アーク溶接の他にガス融接という溶接もあります。

放電現象を利用せずガスバーナーで材料を溶かして溶接します。

どちらの方法を利用するかは、溶接する環境や材料の性質によって異なります。

圧接とは?

次に圧接ですが、文字通り2つの材料をプレス機などで圧縮して変形させそれを接合するものです。

融接では対応できないような材料を接合する場合に、圧接が利用されます。

融接との大きな違いは、融接が人の手で行われるものであるのに対して圧接は基本的には機械が行うため、数値さえ揃えてしまえば毎回同じ圧力で圧縮することができます。

圧接にもガス圧接や摩擦圧接などの種類があり、材料をどのように圧縮して接合するかによって使い分けされています。

ろう接とは?

ろう接は、ろうを用いて材料同士を接合する方法です。

材料を溶かしたり変形させずに接合する点が、融接や圧接との違いです。

主にバイクや自動車、パイプの部品を製造する際に利用されています。

 

溶接工と聞くと、火花を散らせながら溶接している仕事をイメージしますが現場や用途で溶接の方法は変わります。

溶接工は自動車工場や造船所、工事現場などで仕事をしています。

溶接工の給料はどのくらい?

危険が伴う溶接工の仕事ですが、所属する会社によって違いはあるものの求人票をみると。

月収は平均すると25万円くらいで、年収は350万円程度です。

ただし、あくまでも働き始めてまだ経験の浅い溶接工の場合で、経験と年数を重ねていくことで給料も上がっていき、年収は500万円から600万円程度になることもあります。

また、溶接工に求められる資格を所有している場合には手当てが別に付いてもう少し額が上がります。

溶接工がとるべき資格
  • ガス溶接技能者
  • アーク溶接作業者
  • アルミニウム溶接技能者
  • PC工法溶接技能者
  • 溶接管理技術者
  • ガス溶接作業主任者
  • ボイラー溶接士
  • 溶接作業指導者

さらに、会社の業績によってボーナスが支給されることもあります。

溶接工の仕事はどんなことがキツイの?

溶接工 きつい

溶接工はガテン系の仕事です。

ガテン系の意味や語源は?ガテン系の仕事の特徴

ガテン系の意味や語源は?ガテン系の仕事の特徴

2020年10月5日

仕事内容は、肉体労働なのできついこともたくさんあります。

怪我のリスクは高い

まずは作業中は常に怪我や危険と隣り合わせ。

作業中は頑丈なマスクや手袋を装着しているため、傍から見れば万全の態勢で仕事をしているように見えるかもしれません。

しかし、ちょっとした隙間から材料の破片が飛んでくると目を傷つけてしまったり長時間火花を見続けていることから、視力が急激に低下することもあります。

溶接は正確な作業が求められるだけでなく、危険を察知したり回避することにも注力しなければならないため、全く気の抜けない仕事です。

作業に没頭する

長時間黙々と作業をしなければならない点がキツイという人もいます。

グループで作業をすることもありますが、溶接工は基本的には一人でコツコツと仕事をすることが多いです。

誰かと協力して作業をするのが好きだったり得意な人にしてみれば、長時間孤独を感じることになり精神的にキツイと感じることもあるのです。

立ちっぱなし座りっぱなし

体力を必要とすることにキツイと感じる人も多くいます。

作業によっては丸一日立ちっぱなしであることも少なくないため、強靭な足腰を求められます。

実際、体力には自信があるとこの世界に飛び込んだは良いが、思っていた以上にハードだったと思い早期に退職する人も多いです。

まとめ

溶接工について

このように、溶接工の仕事はいろんな種類があります。

どの作業を行うにしても、体力勝負の仕事なので体力や今季が求められるのは変わりありません。

給料は会社によって異なりますが、経験と共に上がっていくのは他の職人さんと一緒です。

溶接工の仕事は火を扱うことが多いので常に近くに危険があることを覚えておきましょう。

溶接工として働きたいと思っている人は、仕事内容や給料、何がキツイのかを事前に理解しておくことが大切です。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。