今年の梅雨入りはいつ?今年はコロナもあるから水害に要注意!

今年の梅雨入りはいつ?今年はコロナもあるから水害に要注意!

2020年は、新型コロナの影響でいろんなところで影響が出ています。

5月25日。

全国の緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウィルスが終息したわけではありませんし。

むしろ、解除してたくさんの人たちが外に出て経済活動をしているので感染者数の増加は今年はずっと続いていきそうです。

コロナで頭がいっぱいの日本ですが、忘れてはいけないことがあります。

それは、日本が災害大国だということ。

災害時に必要な防災グッズを揃えていざという時に備えましょう!必要なものをまとめました

災害時に必要な防災グッズを揃えていざという時に備えましょう!必要なものをまとめました

2019年8月3日
安全くん
特に水害が多いので、できることは今から準備しましょう!

工事現場で働く人たちも気になる梅雨入りの情報を紹介します。

2020年の梅雨入りはいつ?

梅雨 2020

今年の梅雨入りは、ほぼ例年通り6月上旬から始まるようです。

安全くん
関東は例年6月8日ごろ梅雨入りして、7月21日ごろ梅雨明けします。

日本気象協会のHPで今年の梅雨入り予想が発表されていました。

関東はまだ予想が出ていませんが、6月上旬に始まりそうです。(追記:関東は6月11日に梅雨入りしました。)

約1ヶ月間雨との戦いの準備しましょう!

撥水と防水の違いは?レインウェアを選ぶ時に知っておきたい機能の違い!

撥水と防水の違いは?レインウェアを選ぶ時に知っておきたい機能の違い!

2020年1月12日
レインウェアの選び方!雨の日でも快適に作業できるレインウェアを探している方はこちら

レインウェアの選び方!雨の日でも快適に作業できるレインウェアを探している方はこちら

2019年7月19日

梅雨に備えて準備をしよう

6月から始まる梅雨。

梅雨入りの6月から9月までは日本では水害がとても起こりやすいです。

安全くん
梅雨・集中豪雨・台風など水害が毎月どこかで発生します。

今年は新型コロナウィルスの影響で、避難所がうまく稼働できない可能性も考えて対策をしておきましょう!

水害に対して人間ができることは限られていますが、事前にできる準備を紹介します。

住んている場所や職場は水害に強い?

自分がいる場所が水害被害に遭う可能性があるのか。

「洪水ハザードマップ」を確認しましょう!

地形の影響で浸水が想定される区域(浸水想定区域)や、浸水した場合に想定される水深などが記載されていますので。

大雨や津波があった時に避難しなくてはいけないのか確認することができます。

排水溝は機能している?

公共物の管理は市区町村でしてくれていますが。

私有地の排水口は、自分で綺麗にしないといざという時に機能してくれません!

安全くん
排水口は、詰まってしまうと自然に解消しないので雨の降る時期は清掃をしておきましょう。

防災グッズの点検をしていますか?

防災グッズは準備しておきましょう!

消費期限があるものなどは、入れ替えが必要です。

年間計画を立て、家族で内容をチェックする日を決めて万全にしておきましょう。

3月11日は何の日?「いのちの日」は1年に1回、防災について考える日!

3月11日は何の日?過去の災害から「いのちの日」は1年に1度防災について考えるには最適な日!

2020年2月22日
安全くん
我が家では3月11日に点検をするようにしていますよ。

さらに、持ち家の方は住宅に水が侵入しないように土嚢や水のうがおすすめです。

日本は水害がたくさん起こる?!台風・水害対策のために必要な防災グッズとは?

日本は水害がたくさん起こる?!台風・水害対策のために必要な防災グッズとは?

2019年8月5日

避難所ではコロナ感染に注意!

避難所でのクラスター感染が懸念されています。

今までは、災害が起きたら安全な避難所に行く。

ということが常識でしたが、

ウィズコロナの時代では、災害が起きても感染リスクがない自宅で待機する。

コロナの影響で常識が非常識に変化していきそうです。

安全くん
災害が起きた時に、どうするのか家族で相談しておくことが大切。

国や自治体も、避難所でのコロナ感染が起きないように対策してくれていますが。

個人でも対策しておかないと、災害で命が助かったけどコロナに感染してしまうことが考えられます!

災害時の避難所では床の付近でも新型コロナウイルスの感染リスクが高まるおそれがあり注意が必要です。NHKと専門家が実験した結果、くしゃみなどの「飛まつ」は床付近に残りやすいことがわかり、専門家は「床に“雑魚寝”する避難所の環境を変えるなど対策をとる必要がある」と指摘しています。

出典:災害時の避難所 床付近でも感染リスク 新型コロナ | NHKニュース

水害などの自然災害で、避難所に避難する場合は感染症にかからないための対策もしなくてはいけません!

  • マスク
  • 消毒用アルコール
  • フェイスシールド
  • 使い捨て手袋

なども災害バックに入れておきましょう。

梅雨は集中豪雨に要注意!

梅雨 コロナ

水害が発生しにくい地域に住んでいると。

毎年なんとなく梅雨が来て、気がついたら梅雨が明けていたと思う人が多いと思います。

安全くん
私自身、雨が嫌だなくらいしか思っていませんでした。

ですが、今年は災害が発生しても避難する安全な場所がない年です。

敏感になりすぎるのもよくないですが、準備できることはやっておいて損はありません!

備えあれば憂いなし

今年の夏は、

  • コロナ
  • 水害
  • 熱中症

3つに気をつけて、安全に働きましょうね!

暑さ指数(WBGT)ってなに?熱中症対策に知っておくべきこと!

暑さ指数(WBGT)ってなに?熱中症対策に知っておくべきこと!

2020年5月13日
暑い夏でもマスク着用?!今年の夏はマスク着用で現場作業がさらに厳しい

暑い夏でもマスク着用?!今年の夏はマスク熱中症に要注意!

2020年5月11日

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。