鉄筋工の仕事内容は?働く魅力や将来性はある仕事なの?

鉄筋工の仕事内容は?働く魅力や将来性はある仕事なの?

建設工事で欠かせない鉄筋工事をする職人さん。

しかし、その仕事内容はあまり知られていません。

鉄筋工は建物の基礎を作る大切な仕事。

建築工事では欠かせない存在であり、高度な技能が求められることから経験を積むことで将来性がある仕事です。

鉄筋工の仕事内容はきついですけど技能系の転職サイトでも人気が高く、将来性を考えて転職をする人が最近では多い職業です。

鉄筋工の仕事内容や収入、将来性について紹介します。

鉄筋工は建築物に不可欠な存在!

鉄筋

鉄筋は建築物に不可欠な骨組みです。

日本における建築物は大別すると木造と鉄筋コンクリート造りがあります。

どちらの建築物でも、基礎の部分で欠かせないのが鉄筋工のお仕事です。

ビルや橋、トンネルなど鉄筋の造りは様々ですが、それらのほとんどは複数の鉄筋を網目状に組んだ物を骨組みとして使用しています。

鉄筋の骨組みは重量がある建築物を支えると共に、建築物全体の強度を向上させるのに不可欠。

その鉄筋の骨組みを作る人が鉄筋工であり、専門性の高さから鉄筋屋と呼ばれることもあります。

高度な技能と知識が求められる鉄筋工

鉄筋工は建築物の強度に関わる重要な仕事なのでわずかなミスも許されません。

建築物の形状は千差万別であり、使用する鉄筋も大きさや重さは様々です。

それらを踏まえて寸分の違いも無い、完璧な骨組みを作るのが鉄筋工の仕事なので高度な技能が求められるお仕事です。

工事現場の仕事は細分化が進むと共に効率性が重視されるようになりましたが、鉄筋工は職人気質の人が多く、熟練の鉄筋工に弟子入りして何年も修業を積み、ようやく一人前と認められるケースも少なくありません。

鉄筋の図面を作成する知識や折り曲げや切断などの加工を行う技能も必要とされるので、一人前になるまでに時間がかかる職業の一つです。

鉄筋工の仕事内容

鉄筋工の仕事は様々ですが主な仕事の流れは、

  1. 施工図作成する
    建築物の図面から施工図を作成します
  2. 鉄筋加工
    加工帳から現場に合うように金属加工をします
  3. 嵌合(かんごう)
    職長さんが段取り・指示で組み立てる前に鉄筋をつなげます
  4. 結束
    鉄筋工の一番有名な仕事。ハッカーを使って鉄筋を結束します

上記の流れで結束した鉄筋の上にコンクリートが流し込まれて、鉄筋工の仕事は完成です。

基礎の建築などはスピードが必要な場合が多いです。

鉄筋が見えなくなりますけど、きちんと結束されていないと建物の安全性に欠陥が出てしまうので重要な仕事です。

鉄筋工として働く魅力は?

鉄筋工 魅力

鉄筋工の仕事は技能職なので収入は能力に左右されることが多いようです。

建築関係の仕事は重労働で拘束時間が長いので、高収入の業界ではあります。

鉄筋工も同様に高給取りのイメージがありますが、一方で技能職でもあることから本人の能力がそのまま収入に反映されるのも事実です。

一口に鉄筋工と言っても未熟な新人と経験豊富なベテランではその収入は大きく異なります。

規模が小さな会社では新人の方が場合は稼げるようになるまで時間がかかります。

しかし経験を積み、鉄筋工に求められる能力を持つと任される仕事の数が増えるので、収入が高くなる傾向があります。

現場でバリバリ働くベテランの鉄筋工なら年収400万円〜550万円くらいと言われています。

建設工事がある限り無くなることは考えられない仕事

鉄筋コンクリートの建築物には鉄筋の骨組みが欠かせません。

そのため、建設工事がある限りは鉄筋工の仕事も無くならないと言えます。

もちろん、技術の進化で鉄筋工の仕事が少なくなる可能性はありますが…、長い間職人に支えられている業界なので長く働くことができると思います。

また、鉄筋工として働くためには特別な資格は必要ありません。

建設会社に入社し、骨組みを作る作業に従事すればその時から鉄筋工を名乗ることは可能です。

しかし鉄筋工は高度な技能が求められる仕事なので、鉄筋工を自称するからにはそれ相応の腕を持つ必要があります。

また、規模が大きい官庁工事の場合、国家資格である鉄筋施工技能士の1級を所持する人員の常駐が求められます。

仕事の幅を広げ、多くの経験を積むためには資格を取得するのが効果的と言えるでしょう。

自分の頑張りが形になる仕事

建設業界のお仕事は体力が必要な重労働というイメージがありますよね。

実際、鉄筋工の職人に話を聞くと天候に左右されやすく重労働の仕事です。

ですが、きつい反面その一方で自分の頑張りが建築物という形で結果が目に見える仕事です!

自分の技能や意気込みや努力がそのまま形になる仕事は少ないのでやりがいがある仕事ということは間違いなし。

安全性や見栄えの良さなど責任が大きい仕事でもありますが、それだけに良い建築物が出来あがれば誇らしいはずです。

経験を積んでパフォーマンスが上がれば、高収入を期待できるだけではなく、建設工事がある限りは安定して仕事をもらえるので将来性が高いです。

年齢や性別を問わない

鉄筋工の仕事は求められる能力があれば年齢も性別も関係ありません。

肉体労働は若い男性が従事する仕事というイメージがありますが、実際は高齢者や女性も活躍することができます。

建築現場の仕事への女性の参入も最近では話題になっていますので、女性で活躍している現場も少なくありません。

鉄筋工の仕事は難しい!でもやりがいと将来性がある仕事

鉄筋 結束

鉄筋工は骨組みを作るための知識や技能が要求される難しい仕事です。

労働環境も屋外なので、決していいものではありません。

仕事内容は建築物の安全性を保つための重要な仕事なので、生半可な気持ちでは鉄筋工になるのは不可能です。

ですが、努力を続けて経験を積んでいけば年齢も性別も問わず、誰でも活躍することができる仕事です。

高収入を狙えて、安定していることが魅力です。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。