漏電している場所を特定する方法!電気が急に消えても落ち着いて行動しましょう

漏電している場所を特定する方法!電気が急に消えても落ち着いて行動しましょう

突然電気が消えてしまった経験がある人も多いと思います。

先日、私の住んでいる地域が停電になった時はびっくりしました。

地域全体・マンションやアパート全体で停電しているときにできることはありませんけど。

ブレーカーが頻繁に切れてしまうなどのトラブルが起きている場合は、漏電している可能性があります。

漏電は、そのまま放置しておくと危険なので漏電していると家庭用のブレーカーは落ちる機能がついています。漏電している場合はブレーカーをONにしてもすぐ電気が消えてしまうので漏電の時の対処方法について紹介します。

漏電しているときにブレーカーを復旧させる方法は?

ブレーカー

電気が消えてしまったら漏電しているかもしれません。

復旧させるには家庭に電源がきている大元のブレーカーを操作しますので、自宅のブレーカーのいちを把握しておきましょう。

どのブレーカーが「切」になっているかで原因がある程度わかります。

漏電ブレーカーが「切」になっている場合は漏電している可能性が高いので、どこが漏電してしまっているのか確認しましょう。

漏電のチェック方法

家庭ブレーカー

漏電のチェック方法はとても簡単です。

手順がありますのでどこが漏電しているかを確認する方法を紹介します。

  1. 全てのブレーカーをOFFにする
  2. アンペアブレーカーをONにする
  3. 漏電ブレーカーをONにする
  4. 安全ブレーカーをひとつづつONにしていく

漏電している場合、該当の安全ブレーカーをONにすると漏電ブレーカーが落ちます。

必要な道具はなにもありません。

ご家庭のブレーカーは上の方に設置してあることが多いので、脚立とか踏める台があると便利です。

漏電している場所がわかったら確認すること

漏電している区画がわかったらコンセントにつながっているものを全て外しましょう。

その状態で漏電箇所のブレーカーをONにして漏電ブレーカーが落ちなければ、つながっていた電化製品のどれかが漏電していた可能性が高いです。

すべての電化製品を外しても漏電ブレーカーがOFFになってしまっている場合はコンセントや電気配線に以上がある可能性があります。

持ち家なら業者さんを呼ぶのが一番いいと思います。

賃貸住宅なら、大家さんに相談してみましょう!

ブレーカーが故障していることも?

漏電していないのに、漏電ブレーカーが落ちてしまうというケースもあるようです。長年使用していると経年劣化で漏電ブレーカーが誤作動してしまいます。素人目にはわからないので業者さんを頼ることが普通です。

漏電していることで起こるリスクは?

電気工事

漏電は身近に起こりやすいですけど、放置しているとリスクがあります。

頻繁にブレーカーが落ちている場合は漏電が発生している可能性が高いので、早めに点検しましょう。

電気代が高くなる

漏電しているということは使っていないのに電気が流れている状態です。そのため、電気の使用量が多くなってしまうので電気代が高くなります。

電気代を詳しくみていない人も多いと思いますけど、だいたいどのくらいの電気代をいつも使っているか確認するようにしましょう。

心当たりがないのに電気代が高額になっているという場合は、漏電している可能性が高いです。

火災が発生することも

蛸足配線などで漏電している場合、コンセント周りのホコリが原因で火災が発生することがあります。

「トラッキング現象」と呼ばれる状態になると火災が発生しやすくなるので漏電してなかったとしてもコンセント周りはまめに掃除することがおすすめです。

また、電化製品の

  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 冷蔵庫

などはコンセントにアース線があるはずなので、漏電による感電を防ぐためにも必ずアースするようにしましょう。

漏電以外にもブレーカーが落ちることはある?

電力を使いすぎた場合ブレーカーは落ちます。

主な家電製品の目安の電気消費量(ピーク時)は下記の通りです。

電化製品の消費電力

電子レンジ ・・15A
オーブン ・・14A
炊飯器/ドラム式洗濯乾燥機(乾燥) ・・13A
ドライヤー ・・12A
掃除機 ・・10A
電気ストーブ ・・9.9A
洗濯機 ・・3A
照明(蛍光灯) ・・1A
LED ・・0.4A

電化製品はそれぞれ必要な消費電力が違いますので、一度に大量に使うとブレーカーが落ちてしまうことがあります。

電気の契約の時に、小さいアンペアで契約した方が電気代は安くなりますけど。

たくさんの電気を使う場合は電気を使いすぎるとブレーカーが落ちてしまいます。その度に復旧させるのは面倒なので頻繁にアンペアブレーカーが落ちてしまう場合は契約を見直すようにしましょう。

まとめ

電気工事士 点検

ブレーカーが落ちてしまった時の対処方法を紹介しました。

漏電でブレーカーが頻繁に落ちてしまっている場合、火災や感電するリスクが高いので原因を突き止めるようにしましょう。

アンペアブレーカーが頻繁に落ちてしまっている場合は、適正な電気の契約ができていないことが多いので契約を見直す機会なのかもしれません。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。