工場勤務はきつい?仕事の特徴や製造業で働きたい人が知っておきたいこと

工場勤務はきつい?仕事の特徴や製造業で働きたい人が知っておきたいこと

工場の仕事は肉体的にきついイメージがある仕事です。

ただ、仕事内容は多岐に渡りますので全ての仕事が肉体労働というわけではありません。

大きく分けると

  • 製造ライン作業
  • ピッキング作業
  • ライン管理

などがあります。

働き方も、アルバイト・派遣社員・期間工・正社員など様々です。

期間工とは?コロナの影響で会社が倒産してしまった時に考えておくべきこと

期間工とは?コロナの影響で会社が倒産してしまった時に考えておくべきこと

2020年4月20日

工場では、モノづくりの仕事をしていることが多いので商品を作成することに達成感を感じることができる人に向いています。

工場の仕事内容は?

工場勤務 工場

工場は、「ものを作っているところ」というイメージですね。

イメージ通り工場は生活に欠かせないモノを作っている現場です。お店で販売しているもののほとんどは工場で製造されています。

今使っているパソコンやスマホも工場で作られています。

工場がないと生活が成り立たないくらい生活に欠かせない仕事場です。

工場勤務の作業員さんは、黙々と決められた作業や方法で持ち場でモノづくりをしています。

現場でのコミュニケーションは、そこまで多くはなく個人個人の仕事に集中して取り組むことがメインです。

仕事の種類は大きく3つ。

  • 製造ライン作業
  • ピッキング作業
  • ライン管理

製造ライン作業

工場内で一番多い仕事です。

製造ラインでは、材料を加工機器に投入したり、決まった作業場所で部品の組み立てや、機械の操作をして金属やプラスチックなどを加工したり、製品の検査・仕分けをする仕事などをします。

ピッキング作業

ライン作業をしている人たちに必要な部品を供給したり、倉庫などからフォークリフトで搬入したりする仕事をします。

フォークリフトの免許

フォークリフト免許を取得するには?いろんな業界で活躍できるおすすめの資格!

2020年10月28日

ライン管理

製造ラインに問題がないか、生産のスピードや品質が要求を満たしているかなど、製造ラインの管理をする仕事です。

工場勤務はきつい?どんな人に向いているの?

工場勤務 きつい

工場勤務と検索すると「きつい」というワードが出てきます。

工場勤務がきついと感じる理由は、「環境」「仕事内容」です。

まず環境ですが。

工場によって設備は様々ですけど、多くの工場は空調設備が整っていない場合が多く。そのような工場で勤務する場合は、夏は熱中症対策・冬は防寒対策が必要になります。

建設現場・工場での熱中症対策!熱中症にならないために作業員ができること

建設現場・工場での熱中症対策!熱中症にならないために作業員ができること

2020年7月30日
東京で雪が降った時のために今からできる対策は?2020年東京に雪はいつ降るの??

2021年東京に雪はいつ降るの??東京で雪が降った時のために今からできる対策は?

2020年1月3日

仕事によっては立ちっぱなし、座りっぱなしで過ごすことが多くなるので腰痛もちの人にはきついでしょう。

腰痛ベルトの選び方やメリットやデメリットなどを詳しく紹介します

腰痛ベルトの選び方やメリットやデメリットなどを詳しく紹介します

2019年10月8日

仕事内容ですが、工場勤務は作業内容が多岐に渡りますが担当の仕事が決まればひたすら同じことを繰り返す単純作業。

しかも製品に不備がでないように集中して実施しなければいけません。

人と楽しく話しながら仕事することは、基本的にできないので自分の仕事に集中して没頭できる人でないときついかもしれません。

工場勤務に向いている人は?

工場勤務に向いている人は、「黙々と作業を行うことができる人」です。

休憩時間やMTGの時間以外は、他人とコミュニケーションをとることが少ないです。

なので、自分の世界で集中して単純作業を正確にこなせる人が工場勤務に向いている人です。

他にも、工場にはモノづくりのための設備がたくさんあるので機械好きな人も楽しく仕事をすることができるかもしれません。

人と関わる仕事をしたいと思っている人には不向きな仕事ではあります。

やりがいは人によって違いますが、「同じ作業をするスピードが上がった」「ミスの数が以前より少なくなった」など自分の成長で達成感を味わうことができる人に向いています。

工場勤務の収入は残業などを考えると高め

工場勤務の収入は、低くはありません。

基本給は低めに設定されていることもありますが、残業手当や夜勤手当などが手厚い工場が多いです。

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、製造業に勤務する全年齢の平均給与は31万9500円、20~24歳では20万3100円でした。 その後順調に給与はアップしていき、55~59歳の41万200円でピークとなります。

引用: ファイナンシャルフィールド 

工場勤務の年収はここ10年で大きく変わっていないので、安定した仕事といえます。

国税庁の平成30年分民間給与実態統計調査によると、製造業の平均年収は519万5000円。

アルバイトをしている人も多いですが、途中から正社員に登用されるチャンスがあることも多くコツコツと仕事の経験を重ねていけば、着実に収入を上げていくことが可能です。

勤務体型はホワイトな工場もたくさんある

工場の規模によりますが、24時間土日祝も製造している工場はシフト制で稼働しています。

働き方改革や職員のことを考えて月曜日から金曜日まで稼働して、土日に休業する工場もたくさんあります。

年末年始・GWなどは長期休暇を取れる工場もたくさんあるので、休みに拘りたい方は求人を選ぶ時に勤務体系の確認をしましょう。

ただし、工場は製造している製品によって繁忙期があるのであまり休めない月もあるので注意です。

コロナの影響で休みの工場も…

知り合いの車工場は、コロナの影響で生産がストップしていたりしています。製造するモノによっては社会的な影響を受けやすいです。

まとめ

工場勤務 ライン作業

工場勤務は、働く場所や条件で「きつい」と思うことはあります。

ただし、自分の適性や興味に合致すれば、快適に働くことができます。

適性は人によって様々なので、チャレンジして合わないと思う人もいますけど。

黙々と自分の与えられた仕事を正確にこなすことができる人には天職かもしれません。会社によって仕事内容は変わりますので転職や就職を考えている方はエージェントさんなどに相談するといいですね。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。