工事現場以外でも大活躍のヘッドライト!夏はキャンプにも使える防水で明るいヘッドライトはこれ

工事現場以外でも大活躍のヘッドライト!夏はキャンプにも使える防水で明るいヘッドライトはこれ

工事現場には欠かせないヘッドライト。

ホームセンターにもたくさん売っています!

安全くん
電気工事の時は配線がよく見えて便利です!

手元の細かい作業をする時はヘッドライトは必需品です。

置き型のライトも暗い現場では必要です!マキタのライトはバッテリーが他のと一緒なので便利なのでおすすめです。

しかしいくら周りを明るくしても手元の作業を効率よくするにはヘッドライトが必要です。

今回はキャンプなどでも大活躍するヘッドライトについて書いていきます。

ヘッドライトは1つあるとかなり便利!

ヘルメッドにヘッドライト装着

ヘッドライトは工事現場では写真のようにヘルメットに装着して使いますね。

両手を使って作業するときには必需品です!

安全くん
ライトで照らしながらやるよりも効率よく作業することができます

料金も2,000円から3,000円くらいで購入できます。

電池式と充電式があります。

安全くん
おすすめは電池式です!

理由は、

  1. 充電式だといざという時にバッテリー切れていることがある
  2. 充電できない状況でも電池なら使える!

個人的に僕が働いている会社は電池なら大量に在庫があるので使い放題なんです。災害時で充電できなくても乾電池ならいつでも使えますからね。

いつでも充電できる環境で使う方は充電式の方が経済的です。

ヘッドライトは工事現場だけでなくキャンプや虫取りにも使える!

ヘッドライトを使うイメージは工事現場という方は多いと思いますが。

日常生活でもかなり使えます。

キャンプなどアウトドアが好きな方は持っている人多いです。キャンプ用品店に行くと懐中電灯と並んでヘッドライトが売っています。

虫取りに森に入るときもヘッドライトはかなり使えるようです。

会社の先輩
虫取りにヘッドライト使えるからいいの買った方がいいよ!
安全くん
はい!そうします。(僕はいかないんですが…)

先日虫取りが好きな先輩に言われました。

最近のヘッドライトはまずLEDなので虫も寄って来ないんですよね!

ヘッドライトは急な災害時などにも使えます。

災害時の備蓄袋に一家に一台ヘッドライトおすすめです。

おすすめのヘッドライトはGENTOS(ジェントス)!

ヘッドライトの魅力を説明したところで今まで私が使ってきたヘッドライトの中で一番良かったものを紹介します。

それは、ジェントスさんのヘッドライトです!

ジェントス(GENTOS)のヘッドライト

ジェントス ヘッドライトLEDヘッドライト 377-602B セパレートタイプ

おすすめポイント
  • 本体・電池セパレートタイプのヘッドライト
  • 後部認識灯で後方も安全
  • 80度可動式ヘッド
  • 明るさ最大210ルーメン

信頼のジェントスさんのヘッドライトは明るさも使い勝手も耐久性も抜群です。

安全くん
値段はそこそこいい感じですが、ジェントスさんのライトはやっぱり性能が良いので3年使っててもまだ使えます。

乾電池式なので電池交換すればいつでも暗闇で作業できます。

まとめ:シーンに合わせたヘッドライトを選ぼう

ヘッドライトはいろんなシーンで使えます。

日常生活ではなかなか使う機会は少ないですがアウトドアやキャンプやDIYなどで使用する人が多いですね。

工事現場では暗い場所で設備点検をする電気工事職人さんや現場監督まで使っています。

ホームセンターにいけば1,000円台で購入できます。

機能自体に値段でそこまでの差はないものの良いものは耐久性が良いです。

使う頻度が高い方は良いものを購入されるのもありですね!

安全くん
僕はジェントスさんイチオシです。

高いですがおためしあれ!

ジェントス(GENTOS)のヘッドライト

ジェントス ヘッドライトLEDヘッドライト 377-602B セパレートタイプ

おすすめポイント
  • 本体・電池セパレートタイプのヘッドライト
  • 後部認識灯で後方も安全
  • 80度可動式ヘッド
  • 明るさ最大210ルーメン

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。