撥水と防水の違いは?レインウェアを選ぶ時に知っておきたい機能の違い!

撥水と防水の違いは?レインウェアを選ぶ時に知っておきたい機能の違い!

日常でも仕事でも雨の日は濡れるのは嫌ですよね…。

傘をさせる状況ならいいですが、屋外での仕事や自転車に乗っている時は傘がさせないので合羽やレインコートを着用しますが、

安全くん
撥水と防水の違いってよく分からなくないですか?

言葉の違いとしては、

撥水と防水
  • 撥水:水をはじくこと
  • 防水:水を通さないこと

でも実際にレイングッズを購入する時に「撥水」と「防水」2つの表記がありますがどんな加工がされているのか、素材や性質について調べました!

撥水とは?

撥水とは

生地表面に水が付着しても水が転がり落ちるような作用のことを撥水いいます。

生地の表面や制作する糸に撥水コーティングを行うことで撥水加工を行っているので水を弾きやすく水分が生地についても、表面から内部に浸透しづらくなっているので水がコロコロと転がり落ちてくれる製品が多いです。

撥水コーティングは、生地の表面や構成する繊維にシリコンやフッ素などをコーティングすることをいいます。

撥水のメリットはコーティングをしても生地の隙間は完全に塞がれないので生地の通気性はあるということです。

安全くん
撥水加工している製品は防水加工の製品より蒸れにくいメリットがあります。

撥水コーティングしてある製品は、生地の素材そのものは水を通すので、使用しているうちに効果がなくなってしまうことがあるのがデメリットです。

ホームセンターなどで購入できる撥水スプレーを使って効果を持続できます。

撥水加工のメリット・デメリット
  • メリット:蒸れにくい
  • デメリット:効果が落ちやすい

防水とは?

防水とは?

生地裏側まで水を通さないことを防水と呼びます。

防水加工は、生地そのものを水を通さない素材で作ったり生地の隙間ができなようにゴムや合成樹脂を塗り込んで水を通さないようにする加工のことです。

防水の製品は素材自体を水が通らないように加工しているので撥水コーティングとは違って、使っていくうちに防水効果が落ちにくいです。

安全くん
防水加工されている製品は撥水の製品より水に濡れにくいですよ!

水の浸透を防いでくれるので雨がたくさん降っている時に内部まで濡れにくいですが、裏側からも蒸気を逃さないように設計されているので通気性が悪く蒸れやすいというデメリットがあります。

防水加工のメリット・デメリット
  • メリット:効果が長続きする
  • デメリット:蒸れやすい

結局、防水と撥水は何が違うの?

撥水と防水の違い

撥水と防水の違いは、素材です。

撥水加工の製品も耐水性の素材を使っていることがありますが、撥水は水を弾くという意味なので水を通さない作りになっている訳ではありません。

生地自体にも隙間があり、撥水コーティングがなくなると水を弾かなくなってしまうこともあります。

防水加工の製品は、水を通さない加工がされているので長年使って磨耗していたり、服自体の隙間から水が入ってくる以外水を通しません。

水を弾く作りになっている防水加工のレインウェアもありますが、防水は水をはじかない作りになっているものもあります。

防水と聞くと、水に濡れても水がコロコロ生地の表面で動くイメージがありますが必ずしも水を弾く作りになっていないということです。

レインウェアを選ぶ時の注意点!

合羽などのレインウェアやレイングッズなどを購入しようと思っている方は、撥水や防水の違い以外にも、

  • 耐水圧
  • 透湿性

というものも意識するといいです。

いずれも数値が高いほどその効果が期待できるので用途に合わせて商品を選びましょう。

耐水圧とは?

「耐水圧」とは、生地にしみこもうとする水の力を抑える性能数値。レインウェアの生地が、どれくらいの水圧に対して耐えられる防水性を持っているかを表します。

20,000mm — 嵐
10,000mm — 大雨
2,000mm — 中雨
300mm — 小雨
●傘の耐水圧:250mm程度

出典:お客様センター | ブリヂストンスポーツ株式会社

耐水圧についてはJIS規格で決まっているので、製品に記載していることが多いです。

安全くん
普通に使うレインウェアなら5000mmあれば十分なようです。
透湿性とは?

「透湿性」は、生地1㎡あたり、24時間で何gの水分を透過した(外に出す)かを示した数値のこと。衣服内の水滴にならない蒸気状態の汗を、生地が透過させる(外に出す)度合いを表します。

体質や季節によって個人差がありますが、大人の安静時で1時間あたり約50gの発汗量があると言われています。

自転車や作業をすると1時間あたり500gくらい汗をかくので

安全くん
最低でも5,000g以上の製品を選ぶようにしましょう!

他にも持ち運びしやすい、着用時に動きやすい製品を選ぶと雨の日でも快適に過ごすことができますよ。

おすすめ!伸縮性が抜群なレインウェア

ストレッチレインスーツ MV7000 MOVE.x 雨衣 [コヤナギ] レインウェア かっぱ 合羽 [梅雨 ゴルフ 自転車 アウトドア 上下組] 作業用 上下セット
おすすめポイント
  • 耐水圧:10,000mmH2O(初期値)
  • 透湿:5,000g/・24hr(初期値)
  • 標準重量450gだから軽くて便利!
  • 収納袋にコンパクトにしまえる
  • リフレクターがついているから夜間も目立つ
  • ストレッチ素材だから作業がしやすい!
レインウェアの選び方!雨の日でも快適に作業できるレインウェアを探している方はこちら

レインウェアの選び方!雨の日でも快適に作業できるレインウェアを探している方はこちら

2019年7月19日

撥水・防水のまとめ

撥水 防水

撥水と防水の違いについて紹介しました。

言葉はなんとなく知っているという方は多いと思いますが、撥水と防水は機能が全く違います。

安全くん
レイングッズを選ぶときは用途を考えて選びましょう!

撥水加工の製品は水の量が極端に多い場合は浸水してきますし、防水加工の製品は濡れませんが浸透性が低いとかなり蒸れます。

メリットデメリットを考えて商品を選んでみてください。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。