工事担任者 DD3種の資格は取りやすい?難易度や勉強方法を紹介!

工事担任者 DD3種の資格は取りやすい?難易度や勉強方法を紹介!

仕事の幅を増やすべく工事担任者の資格取得を目指しているなら、まずはDD3種から取得するのがオススメです。

活用できる場面も多いため受験者も増えており人気の資格ですし、取得難易度やメリットの面から見ても資格取得のための投資が無駄になる可能性が非常に低いからです。

安全くん
工事担任者の試験は受験資格も年齢などの制限はないので、 どなたでも受験が可能です!電気工事に従事する方は取得しておいた方がいい資格です!

実際にDD3種とはどんな資格か?取得までの道のりや資格の強みなどについて解説していきます。

工事担任者 DD3種とはどんな資格?

工事担任者 資格

DD3種と略されますが正式には「工事担任者DD第3種」と言われる資格です。

電気通信設備工事担任者資格の一つでデジタル伝送路設備に端末設備を接続するための工事をする際に求められる国家資格です。

DD3種の資格でできること

DD3種の資格は、デジタル伝送路設備(デジタル信号を入出力する電気通信回線設備)に端末設備等を接続するための工事に必要な資格です。

よりわかりやすく言うとインターネット接続する際にルーターやモデム、IP電話機やパソコンなどを繋ぐ工事にあたります。

最近はPCだけでなくWifi機能付きの家電やスマートフォンなどに加えてテレビなどでもインターネットに接続して受けられるサービスが増えており、今後もインターネットが普及によって回線工事の数は増えていく余地があり、需要の安定した仕事が多いです。

またDD3種は工事担任者のDD種資格の中で最も難易度が低いため、初めて資格取得にチャレンジする人にもおすすめできる資格です。

他にもある?!DDの資格

工事担任者の資格には主に7つの種類があり、AI種とDD種に分かれます。それぞれが第3種~第1種まであります。

AI種の資格は、アナログ回線及びISDN回線(デジタル信号でデータを転送する回線)に関わる仕事に必要な資格なのでDD種の資格と似ていますが別物です。

DD・AI種の難易度は第3種が一番易しく第1種が難関資格です。工事担任者資格で一番難しいのが、「AI・DD総合種」です。

DD3種の資格はなぜ人気なのか?

DD3種が人気の理由はやはり先述した取得難易度の低さが挙げられるでしょう。

資格があることは技術力の証明でもありますし、いろいろな資格を持っている事は転職時にも有利に働きますので、今までとは違う他業種に挑戦してみようとしている人にも役立つ資格と言えます。

また資格があると給料に手当などが付く場合もあるため、受験費用を差し引いて考えたとしても、給与面での大きなメリットがあります。

DD3種の受験料金

DD3種の受験料金は8700円です。

またDD3種を取得すると、最新の情報通信の知識保持を証明する情報通信エンジニアの資格も取得することができます。

DD種資格証の交付日から1年未満か、もしくは資格交付日から1年以上経過した場合であっても、協会が別に指定する研修を修了すれば通信情報エンジニアの資格が取得可能となっています。

資格者証交付から1年以上立つと条件が増えてしまう事から、可能ならDD3種を取得出来たらすぐに情報通信エンジニアも取得申請すると良いでしょう。

DD3種の難易度はどのくらい?

DD3種 難易度

DD3種の合格率は平均40%ほどと言われており受ければ誰でも取れるというほどではありませんが、DD2種の15%前後やDD1種の25%前後と比べるとかなりハードルは低いものと言えるでしょう。

主なDD3種の出題範囲は電気工学・通信の初歩となる基礎分野、実際の通信機器に関する技術や理論、電気通信事業法や不正アクセス行為の禁止等に関する法律などの法規類の3つに分けられます。

理論や法規は条文や技術概要をとにかく暗記する事が重要になりますし、基礎分野では計算問題も頻出するため、計算問題へ苦手意識がある場合は難関になりやすい傾向があります。

しかしどれも初歩的な基礎部分の問題が多いため、しっかりと解き方や解説を読めばすぐに理解出来るものがほとんどです。

DD3種を取得するまでのおすすめ勉強法

とにかく暗記が重要になるので、体力が有り余っているという場合であれば仕事の休憩中や帰宅後の空いている時間に参考書をひたすら読み込んで頭に入れていくのが良いでしょう。

しかし体力は人によって個体差もありますし、疲れ果てていてはいくら参考書を読んでも集中力が伴っておらず頭に入ってきません。

会社の休憩中などは仕事の疲れを取ることに使い、家に帰ってからもまずは食事やお風呂などの必要な休息を取った後で、勉強のための集中する時間を決めて取り組んだ方が効率的に内容を記憶することができるケースもあります。

まずは両方試してみてどちらがより自分に合っているか吟味して、合う勉強方法で取り組んで見るのが最も効率が良いでしょう。

安全くん
私は会社までの通勤の時間を使って参考書と問題集をたくさん読みましたよ!

狙い目の資格!DD3種を取得して可能性を広げよう

DD3 おすすめ

最近では会社側でもDD3種取得者には手当を付けるようにする傾向が見られるため、電気通信工事に既に従事している人にもおすすめできますし、これからその業種に挑戦する場合にも資格取得が比較的容易な部類なのでDD3種はおすすめできる資格です。

需要の安定も見込める分野なのでこれから新しい事に挑戦してみようと思っている方は是非チャレンジしてみてください。

勉強時間も比較的少なくて済む資格です。

初学の方は2ヶ月、40時間ほど集中して勉強することができれば合格に近くはず。

安全くん
受験料金も約1万円!安くはないので一発合格を目指しましょう。

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。