最適な防寒ブーツの選び方!寒い現場で使えるかっこいい防寒ブーツを紹介します

寒い現場で使える!最適な防寒ブーツの選び方や選ぶポイントを紹介します

ホームセンターの店頭にはおしゃれでたくさんの種類の防寒ブーツが並んでいます。

それぞれのアピールポイントも様々で、どれが良いのか悩んでしまいますよね。

安全くん
ブーツは足首まであったかいので冬の現場や寒い現場で働く方に重宝されていますよ!

防寒ブーツをいざ購入するときは何を基準に選ぶべきなのでしょうか。

ここでは、寒い時の活動の幅を広げてくれるような、自分に合った防寒ブーツを選ぶための4つのポイントについてご紹介していきます。

イチオシの防寒ブーツはこれ!

防寒ブーツ
おすすめポイント
  • 靴紐がないから脱着が簡単
  • 立体インソールで疲れづらい
  • つまずき防止トウカット
  • 耐滑り性が抜群!

\購入はこちらから/

防寒ブーツは保温性を第一に考えましょう!

防寒ブーツ 保温性

防寒ブーツは、履くことで足元が暖かくなり快適に過ごせるものですが、その暖かさがどのくらい保てるかはブーツによって異なります。

それは保温のための方策がブーツによって異なるからです。

インナーソックスが内側につけられていたり、ボア仕様であったり、いろいろな厚みのウレタン素材が使われていたり、中綿が入っていたりと様々です。

実際に履いてみて、保温性を確かめてみるのが一番ですが…。

安全くん
なかなかホームセンターやワークショップにいけない方も多いと思います。そんなときはネットの口コミをよくみて購入しましょう。

素材の違いによって履き心地も異なります。

自分で一番快適だと思えるものを選べると冬の現場も快適に働けますよ!

通気性はかなり大切!

寒い時期に履く防寒ブーツではありますが、長時間履いていれば冬場でも足は蒸れます。

足の蒸れは不快感だけではなく、足の匂いにもつながりますので気をつけましょう。

そのために必要な機能が通気性です。

安全くん
ブーツの欠点は通気性です!

寒さを防ぎながらも通気性も兼ね備えた防寒ブーツを選びたいところです。

蒸れてしまってブーツは無理だという方は通気性の良い作業靴を選びましょう!

通気性のいい安全靴!蒸れなくて軽いから工事現場や工場勤務にはもってこいの厳選3足

蒸れない安全靴の選び方!通気性が良くて蒸れないしかも軽い!夏に最強の厳選3足

2019年6月19日

見落としがちな防水性という機能

防寒ブーツ 靴下

地面に雪や氷が広がっている状況下で防寒ブーツを履く可能性が高い場合は、防水性があるかどうかも大切なポイントです。

ブーツの中に水がしみこむと気持ち悪いものです。

ソールと靴の継ぎ目から水が入ってくることが予想されるので、できれば継ぎ目のない一体化した長靴がオススメです。

簡易防水仕様であったり、表面だけ撥水加工されている防寒ブーツもあります。

こういった防寒ブーツは気軽に履けることがメリットです。

どういった状況で防寒ブーツを使うのかを考え、最適な防水性を選びましょう。

防水であったかい!防寒安全長靴

防寒安全長靴
おすすめポイント
  • 靴紐がないから脱着が簡単
  • 立体インソールで疲れづらい
  • つまずき防止トウカット
  • 耐滑り性が抜群!

\購入はこちらから/

歩きやすさもポイント!快適に歩けるブーツを選びましょう

防寒ブーツは丈が長い方が防寒性は高まりますのでオススメです。

しかし丈が長いブーツは、足首やふくらはぎの周りが柔らかくないと歩きにくいものです。

購入前に一度履いてみて歩きやすさを確かめましょう。

足首やふくらはぎの太さには個人差があります。単に足のサイズだけでは自分にピッタリの防寒ブーツは見つけづらいかもしれません。

商品によっては、ふくらはぎが太い人向けの防寒ブーツも販売されています。

足まわり全体のサイズが合ったものを探しましょう。

安全くん
また、寒さ対策のために防寒ブーツの中に厚めの靴下を履く人もいますよね!

その場合は靴下の厚みも考えてサイズを選ばなければなりませんので気をつけてください。

安全靴には安全靴専用の靴下を!靴下が変わるだけで作業効率も足の匂いも変わります

安全靴には安全靴専用の靴下を!靴下が変わるだけで作業効率も足の匂いも変わります

2019年8月2日

防寒ブーツによっては、機能だけではなく、おしゃれのためにブーツ自体が重いデザインになっているものもあります。

重すぎると歩いていて疲れてしまいます。

実際に履いてみて、その防寒ブーツの重さも体験してから購入を決めると良いでしょう。

イチオシの防寒ブーツはこれ!

防寒ブーツ
おすすめポイント
  • 靴紐がないから脱着が簡単
  • 立体インソールで疲れづらい
  • つまずき防止トウカット
  • 耐滑り性が抜群!

\購入はこちらから/

歩きやすさと機能を重視した防寒ブーツを履けばどんな時もアクティブに動ける!

防寒ブーツ

防寒ブーツを選ぶポイントは4つ

  1. 保温性
  2. 通気性
  3. 防水性
  4. 歩きやすい

4つのポイントを抑えてブーツを選びましょう!

足元が寒いと何をするにも億劫になりがちです。

自分の活動内容に合った、使いやすい防寒ブーツを履けば、過酷な環境下でも思い通りの動きができ、作業効率も上がるはずです。

寒い時の良き相棒となるような、最適な防寒ブーツをぜひ選んでくださいね!

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。