安全靴に適したインソール選び方!工事現場で絶対に履かないといけないからインソールにこだわろう

安全靴に適したインソール選び方!工事現場で絶対に履かないといけないからインソールにこだわろう

安全靴は足元の怪我を防ぐのに最適である一方、その履き心地は決して良いとは言えません

外部からの衝撃を防ぐ効果がある反面、歩行時に生じる足への負担が分散されず、そのままダイレクトに伝わってしまうのです。

足への負担を放置すると痛みや外反母趾などの不具合に見舞われる恐れもあるので、安全靴が自分の足にあってないなと思っている方は早急な対処が必要になります。

安全くん
安全靴が自分の足にあっていない方は、インソールを工夫することで履きやすくなるかもしれません!

安全靴は、履きやすい商品もたくさんありますが自分にあっていないと足が痛くなります!

工事現場では絶対に履かなくてはいけない安全靴

足への負担を減らすためにも、履き心地を改善させるインソールを紹介します。

安全靴には安全靴専用の靴下を!靴下が変わるだけで作業効率も足の匂いも変わります

安全靴には安全靴専用の靴下を!靴下が変わるだけで作業効率も足の匂いも変わります

2019年8月2日
後悔しない安全靴の選び方!現場と季節に合わせて安全靴を選びましょう

後悔しない安全靴の選び方!現場と季節に合わせて安全靴を選びましょう

2019年7月12日

安全靴はインソールのクッション性が足への衝撃を軽減してくれる

安全靴 クッション性

靴を履いて歩くと足が疲れてしまうことがありますが、これは歩行の際に生じる衝撃が分散されずにそのまま伝わることが原因のことが多いです!

ランニングシューズのような運動向けの靴は底の部分、ソールに高いクッション性を持つ素材が使われているので、体重をかけて走ったとしてもほとんど負担はかかりません。

その一方で、足を外部の衝撃から守る安全靴にはそのような衝撃を緩和してくれる素材はほとんど使われていないので、長く履き続けるとひどく疲れてしまうのです。

メーカーさんも日々、研究しているので履きやすい安全靴もたくさんありますが、安全靴によっては釘などの踏み抜きを防ぐために底の部分が鋼板になっている物もあります。

踏み抜き防止版入り プロスニーカー

踏み抜き防止 安全靴
おすすめポイント
  • 瓦礫やガラスの破片から足元を守る、防災スニーカー!
  • 0.5ミリのステンレス板を靴底に内装!踏み抜き防止!
  • 暗闇・夜間でも安心・安全の反射材装備!
  • 軽量でクッション性も高いカップインソールで、長時間の歩行でも疲れにくい!

\\購入はこちらから//

安全靴は足を守ってくれる仕事の相棒!最適な安全靴を選びましょう

安全靴は足を守ってくれる仕事の相棒!最適な安全靴を選びましょう

2019年7月12日

鋼板の重さと固さは足に大きな負担がかかる原因…。ですが足を守るために安全性を確保しなくてはいけない工事現場。

履き心地を改善させるにはインソールの使用が欠かせません。

インソールが持つクッション機能を上手く使用することによって歩行時の負担を分散させて疲れや痛みを予防しましょう!

安全靴専用!プロに愛用されるインソール

安全靴のインソール
おすすめポイント
  • 土踏まずなど足のアーチを損なわない作り
  • かかとに(ポロン)という衝撃吸収剤を使用しているから衝撃を和らげてくれる!
  • 通気性を損なわない孔付きだから蒸れない作り

\\購入はこちらから//

安全靴は冷えやすい!冬は静電気も発生しやすいので帯電防止機能のインソールが効果的

インソールは種類が多いのでどの製品を使えば良いのか悩んでしまうことがあります。

特に安全靴の場合は元々の履き心地が決して良いとは言えないので、足に優しい作りのインソールを選ばなければいけません。

安全靴は足が重たい物で潰れないように、鋼板や特殊な樹脂など非常に頑丈な素材で作られています。

安全靴とプロスニーカーの違いは?作業現場によって作業靴を履き替えよう

安全靴とプロスニーカーの違いは?作業現場によって作業靴を履き替えよう

2019年8月18日

そのような素材は保温性に乏しいことから、気温が下がる環境では足が冷えてしまうのです。

安全くん
これから寒くなるので余計に安全靴は冷たくなります。

サイズが小さい安全靴を無理に履くと足が締め付けられて血行が悪くなり、余計に足の冷えが促進されてしまいます。

そのような事態を避けるにはインソールを敷くことで靴底が暖かくなります。冬の現場は静電気も発生するので静電気帯電防止仕様のインソールはおすすめですよ。

冬の現場に便利!静電インソール

安全靴 インソール 静電気対策
おすすめポイント
  • 足裏構造に合わせて設計された立体インソール
  • クッション性が高く、優しく足裏を包み込みます
  • 体内の静電気を足から靴へと逃す機能だから安心

\\購入はこちらから//

消臭効果の高いインソールは気密性の高い安全靴にぴったり

安全靴 臭い

安全靴はその用途から通気性が悪い作りになっていることが多いです。

そのため、湿気が籠りやすく、長時間履きっぱなしだと雑菌が繁殖して悪臭が発生する可能性があります…。

通気性のいい安全靴!蒸れなくて軽いから工事現場や工場勤務にはもってこいの厳選3足

蒸れない安全靴の選び方!通気性が良くて蒸れないしかも軽い!夏に最強の厳選3足

2019年6月19日

そんなとき、消臭効果を持つインソールを敷いておけば靴の中に湿気が籠っても不快な臭気が発生しにくくなるのです。

抗菌加工が施されているインソールなら靴の中が汗や垢で汚れていても雑菌の繁殖が抑えられますし、靴の悪臭は雑菌が汚れを分解する際に発生するので、その雑菌が増殖することを予防することできれば靴が臭くなる心配もありません。

抗菌防臭、消臭、防カビ効果がある!カップインソール

安全靴 インソール 消臭
おすすめポイント
  • 足が滑りにくい素材だから安心して使える!
  • 疲労軽減アーチサポートで疲れづらい
  • 抗菌防臭、消臭、防カビ効果があるから清潔に安全靴を履ける!

インソールを上手に使いこなすのが安全靴を清潔に使い続ける秘訣ですよ!

安全靴の履き心地はインソールで決まると言っても過言では無い

インソールは大切

作業現場で足を守るのに不可欠な安全靴ですが、非常に固い素材で作られているので足への負担が大きいのも事実です。

足の安全を守りつつ履き心地を良くするには靴の内部に敷くインソールの選び方が重要になります。

ひと口にインソールと言ってもクッション性や保温性、消臭作用など製品によってその効果は様々です。

安全靴を快適に履きこなすには用途に応じてインソールを使い分けることがおすすめです!

安全くん
安全靴は私たちの足を守ってくれますが、同時に靴下がすぐ破けたり、足が臭くなったり、足が疲れやすくなったりとデメリットもかなりあります!インソールの機能を理解して適切に安全靴と付き合っていきましょう!

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。