安全靴は足を守ってくれる仕事の相棒!最適な安全靴を選びましょう

安全靴は足を守ってくれる仕事の相棒!最適な安全靴を選びましょう

安全靴は重くて履きにくいイメージがありますが、近年では軽量で強度も高い製品が多数開発されています。

安全靴は足を怪我から守るのに不可欠な防災グッズなので、危険な現場では必要不可欠です。

安全くん
最近では工事現場だけでなく災害時のために購入される方も増えているようです
踏み抜き防止版入り プロスニーカー

踏み抜き防止 安全靴
おすすめポイント
  • 瓦礫やガラスの破片から足元を守る、防災スニーカー!
  • 0.5ミリのステンレス板を靴底に内装!踏み抜き防止!
  • 暗闇・夜間でも安心・安全の反射材装備!
  • 軽量でクッション性も高いカップインソールで、長時間の歩行でも疲れにくい!

危険な場所を歩かないといけない時は釘や瓦礫などを踏み抜いて怪我をしないように足元を守ることが大切です。

そして同じような値段で購入できるならばできるだけ、優しい履き心地で歩きやすい安全靴を選ぶことが重要です。

疲れにくい靴を履くと歩きやすいし仕事の効率も上がりますよ!

特に工事現場で履く場合は快適で安全な作業を行うために、自分にあった安全靴を選びましょう。

後悔しない安全靴の選び方!現場と季節に合わせて安全靴を選びましょう

後悔しない安全靴の選び方!現場と季節に合わせて安全靴を選びましょう

2019年7月12日

安全靴の用途と保護できる範囲は?

安全靴 踏み抜き

安全靴は外部からの衝撃で足が負傷するのを防ぐ目的で開発された防災グッズの一種です。

安全くん
事故を未然に防ぐことはもちろん、万が一の事態に備えて作業員の体に損傷が生じないようにする工夫が求められた結果、安全靴が開発されました!

工事現場や工場など、重量物を扱う仕事では安全靴を履かないで作業すると足の先を潰してしまう労災が発生してしまいます。

安全靴は先端部分に鋼鉄製の保護具が内蔵された構造になっているので、万が一重いものを足先に落としてしまっても怪我を防ぐことができます!

足の怪我の原因で最も多いのが先の部分を重量物で潰してしまう事故です。

安全靴を履くことで、最も怪我を負いやすい先端部分を重量物から守ることができます。

安全靴ができた当時は長靴タイプで歩きにくいものばかりでしたが、近年ではビジネス用の革靴に似せた作りやスニーカーのようなの製品も増えています。

さらに、長時間履いていても疲れないものや足が蒸れないように通気性がいいものが登場しています!

安全くん
最近の安全靴はスニーカーみたいなおしゃれなデザインのものが多いです!色も黒だけじゃなくポップなカラーも登場しています

安全靴がダサいと思われていたのは過去の話ですよ!

安全靴は「履き心地」を考慮してサイズを決めることが重要!

安全靴は先端に仕込まれた鋼板に重みがあるので、歩行を続けると足が疲れやすくなる欠点があります。

安全くん
指先を守るための靴なので仕方ないことです

また、製品によっては踏み抜き防止のため、靴底に鋼板が使われている物もあるので余計に重たくなり、足への負担も大きくなるのが問題です。

頑丈な樹脂を使って軽量化を図っている安全靴もありますのでかなり改善されてきていますが…、ホームセンターに売っている1000円代の安全靴は履き心地はあんまり良くありません!

ポイント!

足への負担を減らすには柔らかく弾力性が高い中敷きを入れるのが効果的な方法です!

中敷きの厚さの分だけ足を入れる空間が狭くなることを注意しなければいけませんがそれだけでも結構楽に履けるかもしれません。

おすすめはホームセンターでも通販でも少し高めの安全靴を購入することです。

安全くん
失敗しないように自分の足に合ったサイズを測って購入しましょう

また、安全靴は鋼板が入っていることから気温の影響を受けやすい点を注意しなければなりません。

安全くん
特に夏場は足が思っている以上に汗をかいて蒸れます…蒸れると脱いだ時に足が臭くなるのでなるべく通気性のいい安全靴を選びましょう!
通気性抜群!蒸れないスカイウォーカー

ミドリ安全 蒸れない 安全靴
おすすめポイント
  • カラーは3色(ブラック/ホワイト・ブルー/ブラック・レッド)
  • 信頼の安全靴メーカー
  • 軽いから疲れづらい
  • 通気ソールと通気メッシュで蒸れづらい
通気性のいい安全靴!蒸れなくて軽いから工事現場や工場勤務にはもってこいの厳選3足

蒸れない安全靴の選び方!通気性が良くて蒸れないしかも軽い!工事現場や工場勤務にはもってこいの厳選3足

2019年6月19日

妥協せずに高品質の安全靴を選を選びましょう!

工事現場 安全靴

安全靴は足の怪我を防ぐ目的で履く物なので、頑丈であることを重視しましょう。

その一方で毎日仕事で履く方は気持ち良く仕事をするためにも履き心地の良さも大切にしなければいけません。

品質が良い安全靴はどうしても高額になりますが、足の具合の良し悪しは仕事の効率や全身の健康状態にも大きく関わります。

安全くん
ホームセンターに行くと1000円代で買うことができますが…、防災用ならまだしも仕事で毎日履くとすぐダメになってしまいますよ!

そのため、高額でも履き心地が良い一足を選ぶと仕事の質を高めることに繋がると思います!

いいね!や「シェア」していだだけると更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

工事現場で働いて10年以上!現場で役に立ちそうなことを情報発信しています。作業着や安全靴は好きなのでよくホームセンターに見にいきます!特に暑さ対策や寒さ対策は現場で作業する時に重要なのでぜひ読んでくださいね。